新着情報
新着情報

マスク熱中症を予防しましょう!

2020年6月12日

マスクは蒸れて肌にくっついて暑い!と感じる6月になりました。

マスクは皮膚の放熱を妨げ、体に熱がこもり熱中症をおこしやすくします。コロナ予防の為にマスクが手放せない今年の夏、マスク熱中症にも気をつけて生活して頂きたいと思います。

〜マスク熱中症を予防するには〜

  • 通気性が良く汗を吸収しやすい紙や木綿のマスクを選ぶ
  • 腕や足首、胸元の開いた服を着て、放熱させる(外出時は日焼け対策して下さいね。)
  • 小まめに水分補給をする
  • 休憩を増やす
  • 涼しい場所でマスクを外し体を冷やす
  • マスクをしながらの激しい運動は避ける

新型コロナと熱中症を予防して、暑い夏を乗り切りましょう

訪問看護師 江川 みゆき